お食い初めとは?おすすめサイトランキング!

LINE UP

100日のお祝いのお食い初めの通販ランキング

赤ちゃんの成長を祝う行事は、生まれて三か月の間に、ある程度大まかな事は、一気にバタバタとこなして行かなければなりません。お宮参りにお食い初めなど、ばたばたと準備に駆り立てられますが、そんな時に便利なのがボタン一つでポチれる通販サイトではないでしょうか。

ランキング形式で、色々な傾向を見る事が出来るので、こちらのサイトはとても人気です。例えばご自宅でお料理をしようと考えている方は、器位は新調したいと考えているかも知れません。お椀など、どんな用具一式が人気なのか調べる事が出来ます。

せっかくだから、家族や親族にお集まりいただいて、ちゃんとした料亭でお食事でもとお考えの方なら、人気のお店を自分の住んでいるエリアなどから選ぶ事だって出来ます。とにかくそれに関連する事であれば、全て検索して、自分のニーズにあった用途をチョイスする事が出来ます。

しげよし

RADERCHART

しげよしは、創業以来、伝統とこだわりの逸品、それからおもてなしを身近に感じる事が出来ます。それから仕出し割烹料理なので、お店に行くことなく、自宅でゆっくりと味わう事が出来て便利です。商品も精進料理や会席、行楽等幅広い料理があります。

それから、しげよしは、結婚祝いやお食い初め、還暦の祝いや法要等、古き良き日本の伝統文化を継承し、その際、料理のお手伝いをしてくれます。地域特有の食材や伝統的な料理等、自宅に日本の心をお届けしてくれます。

それから、しげよしは全国から注文をする事が出来ます。それからお届けだけでなく、配ぜん等も行ってくれるサービスがあります。また、セッティングや回収も行ってくれるので便利です。

公式サイトはコチラ

お食い初め.jp

RADERCHART

お食い初め.jpは送料無料で配送してくれる商品があるので、気軽に注文できるという魅力があります。お食い初めに必要な物が全て揃ったセットを送料をかけずに届けてもらうことができるため、自分で作るのは難しいというときに役立つお店です。

このお店では最新の冷凍技術を取り入れているため、あまり味を損なわずに配送してもらうことができます。料理人がこだわりを持って作った商品なので、質の良い物を購入したいという場合でも満足できるお店といえるでしょう。

味が良いだけではなく見た目が豪華なため、お食い初めのときに利用するお店として相応しいサイトです。赤飯や鯛などおめでたい席にピッタリな物が含まれているため、豪華な食事を用意したい人でも満足することができます。

公式サイトはコチラ

たまひよSHOP

RADERCHART

たまひよSHOPでは赤ちゃんのお食い初めのお祝いにぴったりなお食い初め膳が販売されています。たまひよSHOPオリジナルのメニューで、本格的な味と見た目のものが届きます。お食い初めの記録を残せる、メモリアルブックつきです。

お食い初めとは生後100日頃に両親、または祖父母などと祝う行事の1つです。生後100日頃はまだ母体の体調が万全でない場合もあるので、すでに完成している料理を解凍するだけで、お食い初め膳が用意できるのはとても助かるはずです。

通常税込み5400円以上で無料になる送料が、8月31日までの期間限定で料金に関わらず全品送料無料となっています。こちらの商品はクール宅急便で届きます。届くまでに時間が掛かることもあるので、余裕を持って注文するのがおすすめです。

公式サイトはコチラ

ぐるすぐり

RADERCHART

生後100日ぐらいの赤ちゃんには、一生食べ物に困らないように、料理を食べさせるマネをする儀式を行います。ぐるすぐりでは、創業80年以上の長い歴史があり、高品質な食材を使った京料理のお祝い膳を販売しています。

お食い初めの儀式では、赤ちゃんはまだ固形物は食べられませんが、大人と同じお膳を準備します。インターネットのお店では、簡易のお膳が付いており、お盆や食器、お祝い箸も付いているので、幅広い年代の人がお店を利用しています。

インターネットの専門店では、お頭付きの魚や高品質な野菜を使った、上品な味付けのお祝い膳が販売されているので、安心して購入ができます。お子様の大切な儀式に欠かせない食材が入っているため、家の年長者が食べさせるマネをしてあげると良いでしょう。

公式サイトはコチラ

人形町今半

RADERCHART

とても大切な食い初めのタイミングで家族みんなで子供の成長をお祝いするのであれば、人形町今半から料理を持ってきてもらうのが良いでしょう。人形町今半は、とても有名なお店であり、豪華な料理が低価格で食べることができます。

人形町今半のインターネットの通販サイトを利用すれば、24時間いつでも料理を注文できるようになっています。食い初めの料理はもちろん、会合や打ち合わせ、さらにはちょっとしたお祝いでも利用できます。季節のおすすめ料理、折詰、重詰さまざまな種類の料理が販売されているので、使い勝手はとても良いです。

お弁当は7560円から注文できるようになっています。そして、年末年始を除いて、日曜日や祝日も休まず営業していますので、とても利用しやすいです。宅配エリア等も広範囲設定になっていて、充実しています。

公式サイトはコチラ

ベルメゾンネット

RADERCHART

ベルメゾンネットでは、一定金額を超える買い物をすることで送料が無料となります。合計金額を考慮しながら買い物をすれば商品代金だけで済むため、通販であっても気軽に食い初め用の食器を購入することができます。

食い初め用の商品だけではなくインテリアやギフト用品なども注文できるお店なので、必要な物をまとめて購入することも可能です。お返し用の商品を注文することができるため、子どものお祝いを貰ったときに役立ちます。

小さな子どもの口に入れても安心な食器を購入することができるため、食い初め用の商品を注文するときに相応しいサイトといえるでしょう。デザインが可愛らしい物もあるため、見た目にこだわりたいという人でも満足できるお店です。

公式サイトはコチラ

百日祝いであるお食い初めの方法

赤ちゃんが無事に産まれ、二ヶ月ほど経過した頃から考え始めることといえばお食い初めという行事ではないでしょうか。お食い初めは、生後百日頃に行うお祝い事であり、産まれてきた赤ちゃんが一生食べ物に困らずに生活できるようにという願いが込められています。百日祝いとも言われますが、百日目ぴったりに行わなくてはならないというわけではなく百日目前後に行えば問題はありません。地域によって行う時期も異なるので、お食い初めをする準備を始める前には、しきたりやマナーでの注意点、そしてやり方を事前に祖父母に確認しておくようにすると安心できるのではないでしょうか。もちろん赤ちゃんはまだ食べることができないものばかりなので、実際に食べさせるのではなく食べさせる真似事をするだけとなっています。

お食い初めは起源や由来は厳密にはわかっていませんが、平安時代から行われています。室町時代にはお食い初めが行われた記録も残っているほどであり、日本の伝統行事の一つということは間違いありません。元々は生後五十日にお餅を食べさせるというスタイルでしたが、江戸時代になってから現在のお食い初めのスタイルになりました。現在ではお食い初めでは、和食の基本である一汁三菜をベースとした祝い膳を用意することになっています。献立には地域差もあるので、しきたりやマナーには気をつけるように心がけておきましょう。一昔前は両親や祖父母、親戚もよんで行う行事となっていましたが、近年では両親と赤ちゃんのみで行う家庭も多くなっているのでそれほどマナーには気をつける必要もなくなってきています。

お食い初めに使われる食器は、正式には高足の御前に乗せた漆器を、母方の実家から贈るのが習わしとなっていますが、近年ではしきたりにとらわれないという考え方をする人が多くなっており子供用の食器を使うという人も多くなりました。子供の成長を祝うという意味があるので、必ず行っておきたい行事となりますが料理を作ったり食器を正式なものを準備するとなれば大変なのではないでしょうか。近年では宅配サービスでお食い初めの料理を食器付きで手配することができたり、飲食店でもお食い初めを取り扱っているところが多くなりました。特に祖父母や親戚も参加するとなれば自宅で料理を作るのは大変であり、準備や後片付けの手間もかかるのでレストランや旅館という飲食店を利用するのも一つの手段ではないでしょうか。

PAGE TOP