お食い初めとは?おすすめサイトランキング!

LINE UP

トップ > 100日のお祝いのお食い初め通販なら > お食い初めの内容とマナーについて

お食い初めの内容とマナーについて

赤ちゃんが産まれることは大半おめでたいことであり、赤ちゃんの生後百日頃には、一生食べ物に困らないようにという願いを込めてごちそうを食べさせる真似をする、お食い初めをすることになります。百日祝いとも言われており、生後百日目に行わなくてはならないと考えている人も中にはいますが、きっちり百日目に行わなくてはならないというわけではなく、中には百二十日目に行ったりと地域による違いもあるので百日目前後で都合の良い日に行えば問題はありません。一昔前は、お食い初めの日といえば赤ちゃんの両親はもちろん祖父母や親戚といった多くの人が集まって行う行事とされていましたが、近年では赤ちゃんと両親のみで行う家庭も増えてきており、マナーもそれほど気を使う必要がなくなってきています。

お食い初めのメニューとしては、お食い初め膳の献立は一汁三菜が基本となっており赤飯、焼き魚、煮物、汁物、香の物を用意するようにしましょう。これは、赤ちゃんが生きてゆくうえで必要な食材として、穀物、海のもの、そして山のもの、飲み物、塩を与えるという意味が込められています。お食い初めには料理だけではなく歯固めの石も欠かせません。歯固めの石には赤ちゃんに丈夫な歯が生えることを願うという意味があり、お宮参りの際に産土神社でもらうのが基本となっています。お食い初めではお椀は漆器のものを使うのが本来のスタイルであり、お箸は柳の白木を使いますが、近年では子供用の食器でも良いという考え方になってきています。レンタルもできるようになっているので、レンタルでも良いのではないでしょうか。

お食い初めでは赤ちゃんに食べさせる真似をすることになりますが、その役割をするのは、長寿にあやかるという意味をこめて、身内で最年長の人が行うことが基本ですが、最近ではしきたりにはこだわらないという人も増えてきていることや、両親のみで行うケースが多いのでそれほど気にする必要はありません。男の子なら男性で女の子なら女性が赤ちゃんを膝の上に乗せて食べさせる真似をするようにしましょう。本来ならば自宅で手作りした料理を食べさせる真似をすることになりますが、近年では宅配でお食い初めの料理を送ってくれる業者も増えました。それだけではなく、飲食店でもお食い初めを取り扱っているお店もあるのでより気軽にお食い初めを行うことができるようになっています。マナーも守りながらお食い初めを行いましょう。

PAGE TOP