お食い初めとは?おすすめサイトランキング!

LINE UP

トップ > 100日のお祝いのお食い初め通販なら > お食い初めの内容と儀式の方法を知っておきましょう

お食い初めの内容と儀式の方法を知っておきましょう

お食い初めの内容は、お子様が一生食べ物に困らないように、行う儀式のことで、生後100日前後に行うことが多いです。ぴったり100日である必要はなく、家族や親戚の人の都合の良い日に行うのが一般的です。お食い初めには、お祝い膳を用意しますが、離乳食ではなく、一汁三菜の、赤飯や香の物、汁物、尾頭付きの魚などを用意します。正式には漆器を使った食器を使用しますが、非常にデリケートな素材なので、現代はお子様用の食器を使用するご家庭が増えています。生後100日前後のお子様は、固形物は食べられないので、料理を食べさせるマネをします。健康で長生きができるように、親戚や家族の中の年長者に行ってもらうと良いでしょう。お祝い箸を用意しておき、お子様の口元にゆっくり運んであげて下さい。

お宮参りと同様に大変重要な儀式になっているので、必ず家族でお祝いをしてあげて下さい。神社に行くと、歯固めの石を用意してくれるので、赤ちゃんに料理を食べさせるマネをさせてから、歯固めの石を祝い箸に付けて、お子様の歯茎に軽く付けてあげて下さい。歯固めの石は、お子様に丈夫で固い歯が生えてくるように、準備をしておきますが、儀式が終わった後は、神社に返納すると良いでしょう。現代は共働きのご家庭が多く、忙しい人が増えているため、100日にこだわる必要がなく、都合の良い吉日を選ぶと良いでしょう。白いご飯でも良いですが、縁起のよい赤飯を用意するご家庭が多いです。食器類は高価な商品を購入する必要はないので、丈夫で割れにくい素材を使用しており、日常の食事でも使いやすい商品を選ぶと良いでしょう。

お祝い膳は、一汁三菜が基本になっており、大人が食べるお膳と同じ物を用意します。赤ちゃんに食べさせるマネをすることで、お子様が食べ物に興味を持つようになります。しわが出てくるまで、長生きできるように、お祝い膳に梅干しを用意するご家庭もあります。お子様にとっては、大切な儀式なので、きちんとお祝いをしてあげることが大事です。現代は核家族のご家庭も増えているため、年長者がいない場合は、夫婦で儀式を行ってあげると良いでしょう。インターネット通販のお店では、割れにくく、安全性の高い食器類が販売されています。お祝い膳の一式は、母方の両親から、贈られるのが一般的になっています。儀式のために招待された、親戚や兄弟姉妹は、お祝いに現金を用意しておきましょう。ご祝儀袋を選ぶ時は、蝶々結びの紅白を選んで下さい。

PAGE TOP