お食い初めとは?おすすめサイトランキング!

LINE UP

トップ > 100日のお祝いのお食い初め通販なら > 堅苦しく考えず、願いを込めたいお食い初め

堅苦しく考えず、願いを込めたいお食い初め

「これからの長い人生を食べる事に困らないように」そんな願いを込めて行われるのがお食い初めの儀式です。乳歯が生えてくる頃ということもあり生後100日ごろに行われることが多いですが地域によって微妙に差があります。どちらにしても赤ちゃんはまだ母乳やミルクだけで育っている時期なのであくまでも儀式として捉え、お口の近くに近づけて食べさせる真似事をすることになります。正式には一汁三菜が基本になり、その献立には縁起の良いものや魔除けになるものをあしらうなどの決まりがあります。また使われる食器の色も男女で違うなど約束事も多いです。最年長の人から食べさせてもらったり、恵方を向いて食べさせるといった正式なお食い初めをするのも意義深いものがありますが、要は食に困らないような人生を歩んでほしいという願いが届くことが目的です。普段の食事をアレンジするもよし業者に依頼するのも良し、あまり堅苦しく考えず祝ってあげましょう。


食い初めの意味とレシピの内容とは

子供が産まれると知ることになるのが食い初めではないでしょうか。お食い初めは、産まれてきた子供が一生食べ物るに困らない事を願うという意味が込められています。それだけではなく、歯が生えるほど大きく成長したということを喜ぶ意味もこめています。もちろん歯が生えたばかりの赤ちゃんが本当に食べられるわけではなく食べ物を食べるマネをさせる儀式となっています。生後百日目頃を目処に行うことですが、いざ行うとなれば内容で悩む人も多いのではないでしょうか。地域による違いはもちろんありますが、基本的なレシピとしては一汁三菜となっており、尾頭付きの焼き魚とお吸い物、煮物、そして香の物と赤飯か白飯となります。本格的な場合には、二の膳として紅白の餅を五つ添える場合もありますが、必ずしも必要というわけではないので無理に揃える必要はありません。


食い初めのタイミングとメンバーとは

初めて子供が産まれた際に経験することになるのがお食い初めです。タイミングとしては赤ちゃんの生後百日目に行なうのが一般的です。しかし地方によって百十目や百二十日目などに祝うというところもあります。目安にすぎないので、必ずしもその日に行わなくてはならないというわけではありません。その前後で予定の会う日を選ぶようにしておきましょう。一昔前は親戚も呼んで大勢で祝うというケースが多かったですが、近年では家族のみでのお祝いということが多くなっています。両親と赤ちゃんのみということも増えており、小規模なイベントになっていますが赤ちゃんのお祝いということもあり行なっておくべきではないでしょうか。メニュー内容やしきたりは地域による違いもありますが、家族のみでのお祝いの場合にはそれほどマナーに気を使う必要はありません。

PAGE TOP