お食い初めとは?おすすめサイトランキング!

LINE UP

トップ > 100日のお祝いのお食い初め通販なら > 子供のお食い初めの儀式を自宅で

子供のお食い初めの儀式を自宅で

赤ちゃんが歯が生え始める前の、生後三か月が過ぎた頃、これからの人生で食べるものに困らな様、また丈夫な歯が映えますようにと祈願する意味も込めて、日本ではお食い初めと言う行事を行います。料亭などで盛大にお食い初めの儀を行うお家もありますが、ご自宅でお母さんが、定められたレシピを普段と変わらぬお料理の味で子供へ作って食べさせるお家もあるでしょう。ジイジやバアバのスポンサーがいないお家だったら、わざわざ料亭に繰り出さずとも、メインになる鯛だけはお魚屋さんで奮発して、後はかぼちゃなど季節のお野菜の煮物などに関しては、普段の家族が食べれる様な物をちょっと取り分けてお膳を作る程度でも、十分立派なお祝いの儀になるのではないかと感じます。お食い初め様の漆のお椀などが販売されていたりもしますが、お皿だって、普段通りの普通の和食器で大丈夫です。形式にとらわれず、行う愛情と気持ちが一番大事です。


食い初めで準備するべきものとは

赤ちゃんが生まれて歯が生え始める生後百日前後に行うことになるのが、食い初めです。その際には準備しておかなくてはならない物があります。まず食器は漆器がベストですが自宅にはないという人も多く、その際には通常の食器でも代用が可能となっています。お箸は祝い箸といい、柳で作られたもので両端が細くなっている箸を使うようにしましょう。お箸に至っても通常の箸で代用しても問題はありません。料理は一汁三菜となっており、タイなどの焼き魚と吸い物、そして煮物と香の物、赤飯になります。赤飯がお祝いの日にはふさわしいですか白飯でも問題はありません。それだけではやく歯固めの石も準備しておくようにしましょう。歯固めの儀式用の小石で、お宮参りの神社や氏神でもらうことが良いですが川や海など水辺の小石を使っても良いのでその際には洗ってから使用するようにしましょう。


食い初めの献立と食べさせる方法とは

子供が産まれた際には食い初めのことも考えておかなくてはなりません。地域によってしきたりにも違いはありますが、基本的な献立としては一汁三菜となっています。食器など本格的なものを揃えたりレンタルするという人もいますが、近年ではベビー用の食器で代用するという家庭も多くなりました。食い初めは年長者が赤ちゃんに食べさせる真似をするのが基本ということも頭に置いておきましょう。祖父母や親戚のなかから最も年長の人を選ぶようにし、男の子なら男性で女の子なら女性に頼むことで、長寿にあやかると言う意味になります。しかし近年では家族のみで食い初めをするケースも増えており、その際には両親が食べさせる真似をすればよいです。それほどかしこまる必要がある儀式ではないので、気軽な気持ちで行って置いても良いのではないでしょうか。

PAGE TOP