お食い初めとは?おすすめサイトランキング!

LINE UP

トップ > 100日のお祝いのお食い初め通販なら > 家族みんなでお食い初めを祝おう

家族みんなでお食い初めを祝おう

核家族が増え、親子間はもちろん、親戚などの関係も希薄になっているとよく言われていますが、お嫁さんの実家が近くにある御家庭などだと、自分の両親に甘えまくっているお母さんもきっと少なくはない筈です。それこそスープも冷めぬ距離で、ジイジやバアバに甘えて、自分は仕事を辞めず共働きで、そのままキャリアを積んだり、生活スタイルも多様化している様です。そんな家族関係なら、稀薄とは言い難く、むしろなくてはならない子供達にとっての命綱の様な存在かも知れません。育休制度もしっかり整った福利厚生の女性に優しい企業も多いですから、産休を開けたらすぐお仕事の人でも、お宮参りやお食い初めの儀の時は、ゆっくり休暇中ですから、家族一緒にお祝いしてあげれます。お食い初めは、養い親と呼ばれるその子と同性の年長者に食べさせてもらった方が、その子が長寿にあやかると言われていますから、ジイジやバアバに頼んで花を持たせてあげるのも親孝行かも知れません。


ぜひ利用してほしいお食い初めのセット

赤ちゃんが生まれてから100日を迎えたら、古くから行われてきた習慣に従ってお食い初めのイベントをぜひ行ってみることをおすすめします。お食い初めには縁起が良く、願いがこめられた食材を使って料理する必要がありますが、小さな赤ちゃんを抱えて時間をかけて料理をするのは難しいかもしれません。そんなときにぜひ利用してほしいのが、オンライン通販ショップで販売されている専用のセットです。冷蔵か冷凍で届けてもらえて、解凍したり温めるだけで食べることができるためたいへん手軽です。おすすめしたいセットでは二重の木箱に10種類以上のおかずが詰められており、自宅で料亭の味を満喫することができます。価格は10800円で、イベントに使った後は大人でおいしくいただくことができます。尾頭付きの鯛が付いていて豪華なセットです。


食い初めをする場所選びのコツとは

赤ちゃんが誕生して百日目前後にはお食い初めを行うことになります。家族のみで行うケースもあれば、親戚を呼び大人数で祝うケースもあります。自宅で行うものというイメージを待っている人もいますが、大勢が集るとなれば料理の準備や後片付けが大変になってしまいます。そのことから近年ではレストランなどの場で食い初めをする人も増えました。外食ならば準備や片付けの手間がかかりませんが、お店選びはかなり重要なポイントとなってきます。まず第一に食い初め専用のメニューがあるのかという点をチェックしておきましょう。近年では専用のメニューがあるレストランはかなり多くなりました。それと同時に、個室があるのかという点も重要です。赤ちゃんはまだ小さいので、泣いてしまうこともありますが個室ならば気兼ねすることなく楽しむことができます。

PAGE TOP