お食い初めとは?おすすめサイトランキング!

LINE UP

トップ > 100日のお祝いのお食い初め通販なら > 赤ちゃんのためのお食い初めの意味

赤ちゃんのためのお食い初めの意味

赤ちゃんが食べ物に困らないように、健康な成長を願って行なう儀式がお食い初めです。生まれたから100日前後に行われることが多く、始めてお乳以外の食べ物を食べる真似をします。あくまでも儀式ですので、実際に食べさせなくてもOKです。ちょうど離乳食の時期であり、歯が生え始めたことが祝いたいといった気持ちで行われるイベントです。お食い初めのために準備する献立は、ご飯、汁物、三つのおかずが基本となります。いわゆる一汁三菜の祝い膳と呼ばれるものとなります。尾頭付きの鯛が豪華版として用意されるのは、めでたいの意味もあります。ハマグリのお吸い物は、二枚貝のイメージ通り、将来良い伴侶に恵まれることを願うものと言われてます。たけのこの煮物は、竹のように真っ直ぐ育って欲しいといった願いがこめられています。その他の食材にもそれぞれ子供の成長に関わる願いこめられています。


食い初めをするためのメニューの決め方

新年の始まりは一年を充実した内容にするためこだわりがあり、食い初めをする時は普段では味わえないものを選ぶと満足できます。一年は始まりを良くすると気分が高まるため、食事をする際にこだわりを持って決めると今後の人生につながるために効果が高いです。食い初めに対する考え方は人それぞれですが、親戚や家族などが集まって宴会を開いて楽しめるようにすると良い一年になります。食事は生活をするために必要不可欠であり、特別な一日を飾るためにはこだわりを持って決めると記念に残ることがメリットです。食い初めをするためのメニューの決め方は好みに合わせて選び、宴会をする際には盛り上がることや幸せになるように誓うと効果があります。一年は長いようで短く感じることが多く失敗をしないように誓いをするときっかけをつかめ、気分を高めて今後の人生につなげることが大事です。


お食い初めは笑顔でで過ごせる方法で

お食い初めは普段はミルクやおっぱい、白湯しか口にしたことのない赤ちゃんが初めて食べ物を口にします。生後100日経った頃に行いますが、まだ赤ちゃんは食べ物を食べれないので口に当てるだけになります。お食い初めは平安時代に始まったと言われており、赤ちゃんが一生食べ物に困りませんように。という願いが込められています。鯛、赤飯、お吸い物、煮物、香の物の5品を用意します。両家の親を呼んでする方も多いですし、お母さんはきっちりしないといけないと考えてしまいますが、泣く赤ちゃんを構いながら作るのはとても大変です。最近ではお食い初めプランがある飲食店もあります。個室のところが多いので、授乳もしやすいです。記念撮影してくれたりお店側も赤ちゃんに慣れているので気遣いもしてくれて気持ちも楽です。生まれた赤ちゃんの大切なイベントなので、家族で笑顔で過ごせることが大切です。

PAGE TOP