お食い初めとは?おすすめサイトランキング!

LINE UP

トップ > 100日のお祝いのお食い初め通販なら > 赤ちゃんの儀式、お食い初めのお祝い

赤ちゃんの儀式、お食い初めのお祝い

最近上野動物園にも赤ちゃんパンダが生まれましたが、どの世界でも、またどんな生き物でも、赤ちゃんと呼ばれる小さくて無垢な生き物には本当に心が洗われて、癒される事半端在りません。ただ人間の赤ちゃんに生まれたからには、きちんと成人するまでは、しっかり親の管理下の元、義務を果たさなければなりません。緩くても、縛りすぎてもダメで、なかなか思春期ともなると難しい時期になってくるでしょうが、まだまだ赤ちゃんの内は、それに関わる様々な行事もとても楽しい物でしかないでしょう。出産後に、お宮参りを済ませたら、次に待つはお食い初めの儀です。赤ちゃんが食べる物に困らない様、立派な乳歯が生える様、出される食べ物のお品にはそれぞれ一つ一つに意味を成します。お料理とは関係なく、小さな小石なども品目に添えられていますが、これが丈夫な歯が生える為に欠かせない歯固めの石と呼ばれる物です。


赤ちゃんに初めて食事をさせる儀式であるお食い初め

お食い初めは、赤ちゃんに生まれて初めて食事をさせる儀式です。その子が一生食べることに困ることがないようにという願いを込めた内祝いだとされています。今まで離乳食を食べていた赤ちゃんが、生後初めて魚肉などの食べ物を食べさせる、また初めて箸を使うといったことから魚味の祝い、箸始めとも言われているそうです。この他にも百日の祝いや歯固めなど様々な呼び名がありますが、現在ではお食い初めが一般的な呼び名となっています。お祝いをする時期は決まっているわけではなく、地方によっても異なります。百日の祝いとも呼ばれるのは、ちょうど離乳食を始める時期にあたる生後百日前後に行われるためです。お祝いの祝い方は、赤ちゃんのために食膳を整え、親族の長老の方が実際に食べさせるまねをして祝うそうです。また、この日のために食器や箸などを新調するのが習わしとなっているようです。


食い初めに招待された時のマナーとは

食い初めは家族のみで行うという家庭が多くなりましたが、中には現在でも親戚など関係者を呼んで行うケースがあります。その際のマナーとしてお祝いを持参するのは当然のことではないでしょうか。食い初めということもあり祝い膳を贈ろうと考える人もいますが、祝い膳の一式を母方の実家から贈る習わしは残っている地域のは愛には、すでに持っている可能性も高いです。ベビー用品は出産祝いで既に貰っている可能性もあるので、事前に確認してから贈るようにしておきましょう。品物はイマイチという場合には、その他、お食い初めに招待された場合には、祝い膳の金額程度を目安にした現金を包むようにしておきまはさょう。その場合には、現金をそのまま渡すのはマナーいはんとなっており、祝儀袋に包んで渡しましょう。お祝いの場だからこそ、マナーはしっかり守る必要があります。

PAGE TOP