お食い初めとは?おすすめサイトランキング!

LINE UP

トップ > 100日のお祝いのお食い初め通販なら > 食い初めを実施する時期とやり方

食い初めを実施する時期とやり方

食い初めは、子供が生涯食べ物に不自由しないようにという願いを込めて乳歯が生えてくる時期に行う日本の習慣です。実際に食べ物を食べさせるのではなく、食べさせる振りをさせます。食い初めを行う時期は地域によって異なりますが、生後100日経過後に行うのが一般的です。また、赤ちゃんに食べ物を食べさせる真似を行うのは両家の男親の役目です。したがって、まずは両家の両親を自宅に招き料理の手配を行う事が赤ちゃんの親の役目です。しかし、必ずしも自宅で行わなければならないという訳ではありません。若い夫婦の場合は家が手狭で両家の両親を招いても窮屈に感じてしまうケースもあります。その場合は料亭のような場で両家の親族を招いて行う事も可能です。両家のリーダーである祖父が食い初めを行うというルールさえ守れば、赤ちゃんの将来を祈る儀式を無事に終える事が出来ます。


食い初めに使う食器はどう揃えるか

食い初めは赤ちゃんが将来、食べ物に困らないように願いを込めて行う古くから伝わる日本の伝統的な儀式です。両家の男親がある赤ちゃんに料理を食べさせる真似事をさせます。その際に利用する食器は普段使っている物ではなく、然るべき食器の用意が必要となります。食い初めに利用するための食器はお宮参りの際に神社から貰う事が出来ます。したがって、新たに食器を購入する必要はありません。しかし、お宮参りを行なっていない場合は赤ちゃんの両親が食器を揃える必要があります。ですが、購入するとなると金銭的な負担も大きいですし、基本的には一度きりしか使いません。よって、購入するよりも食器をレンタルする方が場所も取りません。そして金銭的な負担を抑える事が出来ます。食い初め用の料理を配膳してもらえるお店であれば食器のレンタルも同時に受け付けているので、料理の手配と共に食器のレンタルも行うとスムーズに儀式を進める事が出来ます。


お食い初めセットを選ぶポイントとは

お食い初めは、赤ちゃんが生まれてから100日あたりで、一生食べ物に困らない用と願って行なう儀式のことです。お食い初めに用意する料理は、尾頭付きの鯛、赤飯、煮物、ハマグリのお吸い物などです。お椀や橋など専用のもの食器が販売されていますが、特に効果なもの取り揃えなけらばならないということでもなく、赤ちゃん用の食器を使っても良いでしょう。全ての食材を準備するのが大変であるなら、お食い初めセットが販売されていますので、これを利用すると便利です。冷凍で配送されてきますので、安心して取り扱うことができます。冷凍タイプは、解凍に時間がかかりますので、事前に解凍時間を考慮して始める必要があります。冷蔵タイプの製品もあり、こちらは商品到着後すぎに利用できるメリットがあります。ただし、賞味期限が短いため痛みやすいことを留意して、早めに消費することに注意する必要があります。

PAGE TOP