お食い初めとは?おすすめサイトランキング!

LINE UP

トップ > 100日のお祝いのお食い初め通販なら > 食べ物に困らないように、お食い初めの儀式をします

食べ物に困らないように、お食い初めの儀式をします

赤ちゃんのおられるご家庭では、生後100日ぐらいに、お食い初めの儀式を行います。お子様が一生食べ物に困らないように、行いますが、実際に料理を食べるのではなく、食べさせる真似をします。お膳は一汁三菜が基本になっており、赤飯や香の物、吸い物、尾頭付きの魚などを用意します。自宅に祖父母などの年長者がおられる場合は、赤ちゃんが長生きできるように、最高齢の人にしてもらいます。お食い初めをする時に、歯固めの石を用意しますが、お宮参りなどに行くと、神社で受け取れることが多いです。以前は漆器の茶碗を使っていましたが、現代は日常に使いやすい食器セットを購入しているご家庭も増えています。生後100日ぐらいのお子様は、まだ固形物は食べられませんが、お宮参りと同様に欠かせない儀式になっています。家族全員でお祝いをしてあげると良いでしょう。


お食い初めは古くから伝わる伝統の儀式

赤ちゃんが産まれて100日目にお食い初めという儀式があります。これは一生食べ物に困らないようにという願いを込めて行うものだと言われています。実際にはまだ生まれて100日では赤ちゃんが口にすることはできませんが縁起の良い意味合いのもので作られた料理を、お箸で口に運ぶマネをします。お食い初めの献立は地域によってさまざまですが共通しているのは一汁三菜で、一般的にはお赤飯、お吸い物、焼き魚、煮物、漬物となります。使われる材料も縁起の良いものが多いようです。そしてそれぞれ意味があります。まず、お赤飯は赤い色で魔よけを意味しています。お吸い物はハマグリと海老が一般的でハマグリの二枚貝のようにくっついて末永く結べれるようにという願いが込められていて、海老は背中の曲がった様子から長生きできるようにという願掛けとなっています。焼き魚に関しては尾頭付きの鯛が良く使われます。これもめでたいという語呂合わせです。煮物はだいたいたけのこの入った筑前煮が多いようです。たけのこは竹のようにまっすぐ生きられるようにという意味があるからだそうです。漬物は梅干しを入れることが多く、これもしわしわになるまで食に困らないようにという意味が込められています。このようにお食い初めにはそれぞれいろんな意味が込められていて昔から日本では受け継がれてきました。一生に一度のことなので親としては張り切って準備してあげたいですね。


食い初めの事を知りたい方へお教えします

食い初めは、お子さんが一生食べるものに困らない様にと願って行う儀式の事です。また、歯が生え始めたことを喜んで食べる真似をします。食い初めをする時期は、生後100日前後あたりに行います。地域によっては、歯固めや箸はじめという言い方もあります。準備するものは、漆の食器、または通常で使うものを用意します。それから祝い箸を準備します。これは、出来れば柳で出来ているものを使います。箸の先が細くなっています。それから次は、料理があります。一般的には一汁三菜です。魚や汁物、それから煮物や赤飯などを準備します。また、歯固めの石を準備します。川や海などで拾ったものをきれいに洗って準備します。それから、食べさす際(形だけ)ですが、年長者にお願いをする事です。男の子の場合は祖父、女の子の場合は祖母が適任です。3回食べる真似をしたら、歯固めをします。箸で石を触って、それから口に当ててあげます。この石は神社などの境内へ返すことです。これで食い初めが完了です。

PAGE TOP